「面白い×SEO効果」のある文章の書き方5つ

日々、自社ブログやメディアを運営している方へ。きっと記事の企画から文章添削、編集まで苦労していることでしょう。

同時にSEO効果も出さなくてはならないのが現実というもの。キーワードをタイトルや見出し、本文に入れてGoogleに評価してもらうのを狙っていることでしょう。

しかし、キーワードを多く盛り込んだ記事を量産する時代は終わりました。今は優良なコンテンツ作りによるSEO対策が求められています。

そこで、ユーザーが読んで面白いと感じつつ、検索上位に上るような文章を書くコツを5つご紹介します。

今、求められるのは面白く、SEO効果のある文章

よくコンテンツマーケティングの失敗例として取り上げられるのが「ターゲットのニーズを無視したコンテンツの配信」です。検索上位に上がっても、誰にも読まれない記事を作成しても成果は出せないのです。

確実にコンテンツマーケティングのゴールである「自社商材の購入・発注」につなげるためには、ターゲットユーザーのニーズを満たす文章作りが必要不可欠です。

つまり、求められるのは、ユーザーにとって面白く、かつ、SEO効果もある文章というわけです。

そこで、「面白い×SEO効果」もある文章の書き方のコツを5つピックアップしてみました。ぜひ参考にしてみてください。

「面白い×SEO効果」もある文章の書き方のコツ5つ

1.きちんと構造化する

文章を書き始める前に、必ず行うべきなのがこの「構造化」です。 構造化とは、下記のように、文章をツリー式にまとまりを作って構成することです。これは検索エンジンのロボットにとって理解してもらうSEO対策の基本となります。

タイトルはH1、大見出しはH2、中見出しはH3、小見出しはH4にして、構造を分かりやすくします。こうすれば、検索エンジンロボットは、狙い通りのページ評価を下してくれます。

タイトル 要約文 大見出し 中見出し 本文 小見出し 本文 .…

この構造化は、ユーザーが文章を読んで「面白い」と感じてもらうためにも有効です。WEBサイトの記事は無料で読める気軽なものである反面、「読むモチベーションが低い」という特徴があります。ただ長いだけの区切りのない文章は、ユーザーにとって見づらく抵抗があり、読もうとすら思ってもらえません。

分かりやすく、細かく段落分けをして小さなまとまりを作れば読みやすくなります。こうすることで、ようやく「読んでもらえる」文章になります。

2. タイトルにキーワードを盛り込みつつ、うまくユーザーを惹きつける

SEO対策において、キーワードをタイトルや見出しに盛り込むのが基本ですが、同時にターゲットユーザーを惹きつける必要もあります。

タイトル・見出しでは、下に続く文章にターゲットが得する情報が書かれているという事実を、具体的に、わかりやすく知らせたいものです。ぜひ次のチェック項目に沿って作ってみましょう。

・記事の内容が分かりやすく表現されているか? ・ユーザーにとっての「得」が盛り込まれているか? ・数字が入っているか? ・最新情報であることが伝わるか? ・どこにもないオリジナルの情報であることが伝わるか?

例えば、フケとかゆみで悩んでいるユーザーに、その原因と対策を伝える記事を書く場合、

「意外と知らない!すぐにでもフケとかゆみから解放される5つの方法」

などと、悩みを持つ人の立場に立って、魅力的かつ分かりやすいタイトルを作ります。

3. キーワードはしつこく繰り返しすぎない

Googleでは、キーワードを乱用するページに対してはペナルティが下されます。出現頻度が高すぎるとユーザーの利便性が低くなるため、優良なページを上位表示したいGoogleの意図には反するからです。

ポイントは、前後の文脈に合った適切なキーワードを、自然な回数使用することです。

4. 要点・結論から書く

1でもお話ししましたが、WEBサイトの記事は「できれば読みたくない」のがユーザーの本音です。特に検索ユーザーは、自分のニーズを満たすために急いで正しく有益な情報を知りたい人が多いため、長文で要点が分かりにくい文章は、はじめから読んでもらえない可能性がかなり高いです。

そこでポイントになるのは、ユーザーが得する情報をはじめに語ることです。つまり、結論から書くということです。

要約文の段階で、「ここにはこういう情報があり、こういう結論を用意しています」という内容を端的に記載することが大切です。

5. シンプルに書く

最後に意外と盲点になりがちなのが、シンプルさ、平易さです。これは、文章を分かりやすくするためにも、とても重要です。

・一つの段落には一つの内容・テーマにとどめる ・一つの文章にも、一つの内容にとどめる ・主語・述語のシンプルな文を基本とする 例「●●は●●です。」 ・簡単な単語を使い、パッと見て読み下せるようにする ・箇条書きなどを使い、端的にまとめる

基本的に長くて複雑な文章は、分かりやすいとはいえません。その原因は、修飾語を多用したり、一つの文章で2つも3つも言いたいことを盛り込んだりしているところにあります。

○「フケやかゆみは、シャンプーの方法を変えるだけで解消されます」 ×「フケやかゆみは、シャンプーの仕方に原因がありますし、シャンプーの成分はもちろん、リンスやトリートメントをしっかり洗い流すかどうかにもかかってきます」

また、見た目を分かりやすく、美しく、読みやすく整えることも重要です。そのためにも、段落分けや改行、箇条書き、表などをうまく使ってコンテンツを作りましょう。

記事を公開する前にチェックしておきたいこと

記事を作成したら、そのまますぐに配信するのではなく、次のようなチェックを入れましょう。このとき、ターゲットユーザーの立場に立って、改めて記事を眺めることが大切です。

・ターゲットユーザーを満足させる内容になっているか ・情報が正しく、最新のものか ・コピーコンテンツになっていないか ・むずかしいことがわかりやすく説明されているか

効果検証で確かめよう

記事を配信した後も、それで終わりにせず、必ず効果検証を行い、どんな記事がターゲットユーザーに好まれるのかを確認しましょう。そして、自分の狙い通りになっているかどうかを確かめ、もし狙い通りになっていなければ、キーワード設定やコンテンツの作り方を見直す必要があります。

これを繰り返し、ターゲットユーザーに好まれる文章コンテンツに近づけていきましょう。

文章を書くのはむずかしいと思われがちですが、WEBサイトに載せる文章は、今回ご紹介した方法で行えば、誰でも実践できます。ぜひ自社のターゲットユーザーに響く文章作成に取り組んでみてください。