DMCA Takedown Noticeでコピーコンテンツの削除を依頼する方法

Web上では日常茶飯時的に行われているコンテンツの盗用。右クリックで簡単にコピーができるWebだからこそ、自分のコンテンツを守るのも難しい。

では、実際に自分のコンテンツが無断でコピーされていたら、どうすれば良いのだろうか?

今回はDMCA(デジタルミレニアム著作権法)という米国の著作権によって、盗用コンテンツの削除を依頼する方法を紹介しよう。

デジタルミレニアム著作権法とは

デジタルミレニアム著作権法(通称DMCA)とは、アメリカ合衆国の著作権法である。2000年に米国で施行されて以降、Web上の著作権法としてデファクトスタンダードになっている。

DMCAでは、著作権を侵害しているコンテンツを掲載しているプラットフォーマーやサービスプロバイダーは、著作者からの申し立てを受けた段階で速やかに削除すれば、プラットフォーマー自体の責任は問われない事になっている。

著作権の侵害者はあくまでもユーザー本人であり、サービスプロバイダーは申し立てが合った時点で削除すればその責任を負わない。

日本国でも「プロバイダー責任制限法」というDMCAに似た法律が2001年に成立しており、サービスプロバイダーは著作権保持者から侵害の異議申立てを受け、削除に応じればその責任は負わない。

参考:プロバイダ責任制限法関連情報Webサイト

コンテンツの盗用が発覚した場合、盗用元のWebページを発信者に削除するよう勧告する必要があるが、必ずしも削除に応じてもらえるかは分からない。

発信者の身元が分からない場合や削除依頼を無視してくるケースの場合、トラフィックの大本であるGoogleやFacebookなどのサービスプロバイダーや盗用コンテンツを掲載しているWebページのホスティング会社に連絡し、デジタルミレニアム著作権法もしくはプロバイダー責任制限法の下、当該盗用コンテンツを削除してもらうのが最も早い対処法と考えられる。

Takedown Noticeを送り、削除を依頼する

テイクダウンノティース(takedown notice)とは、サービスプロバイダーやWebサイトの管理者に対し、コンテンツの削除を依頼する「Notice(申し立て)」の事である。

自分のコンテンツを盗用しているWebページを見つけたら、コピーコンテンツを掲載しているWebページのURLを明記したnoticeを作成し、対象者(サービスプロバイダーや管理者)に送信する。

すると、DMCA Takedown noticeが生成される。このNoticeをサービスプロバイダーやWebサイトの管理者宛に送付し、削除を依頼する。

最近は殆どのサービスプロバイダーがメールやオンラインフォームでnoticeを受け付けているが、一部FAXや郵送による申請受付をしている所もある。

尚、DMCAのやり取りが面倒な場合、著作者に変わって申請業務を代行してくれるサービスがある。申請書の作成や送付、申請状況の管理を一手に引き受けてくれる。なかなか忙しくて対処できない場合、これら代行サービスを利用してみるのも良いだろう。

参考:DMCA Takedown Services - Get Stolen Content Removed(代行サービス)

削除を依頼すると、依頼者の情報が公開される

サービスプロバイダーによっては、テイクダウンノティースを受け取るとその情報をWeb上に公開する。

例えばGoogleの場合、ウエブ検索の削除依頼を送付した場合、chillingeffects.orgというサイトにその申請内容が公開され、誰でも閲覧出来る状態になる。

DMCAテイクダウンノティースの内容には、異議申立てを行った本人の名前やWebサイトのURLなどが公開される為、個人情報が公に出てしまう事になる。もちろん異議申立てを受けた著作権侵害者もその情報を閲覧出来る。この点はしっかり認識した上で削除依頼を出そう。

DMCA異議申し立て窓口

大手サービスプロバイダーのデジタルミレニアム著作権法による削除依頼の窓口となる申請ページやメールアドレスをまとめた。

自分のコンテンツが下記サービスにて盗用されている場合、窓口を通して盗用コンテンツの削除を依頼すると良いだろう。

検索エンジン

Google

著作権侵害の報告: ウェブ検索 ※Yahoo!JAPANはGoogleのエンジンを利用している

Bing

Notices of Infringement

米国Yahoo.com

Copyright and Intellectual Property Policy

ソーシャルメディア

Twitter

著作権侵害について報告する

Facebook

著作権報告フォーム

Instagram

著作権報告フォーム:インスタグラム

ピンタレスト

Copyright Infringement Notification

動画共有サイト

Youtube

著作権を侵害したコンテンツに対する削除通知の送信

Vimeo

Vimeo DMCA (Copyright) Notifications and Counter-Notifications Process

dailymotion

著作権侵害異議申し立て通知

ブログサービス

Tumblr

デジタルミレニアム著作権法

Blogger

著作権侵害と考えるコンテンツを報告

その他のWebサービス

ask.fm

Ask.fm の著作権と知的財産権 (IP) 侵害に関するポリシー

Dropbox

DMCA に関するポリシー