コピーチェック結果を「文節単位」でチェック出来るようになりました

コピペチェックツールCopyDetectをご利用頂き、ありがとうございます。

コピペチェック結果画面に文章単位でコピー箇所を確認できる機能を追加しました。

この機能により、複数のWebサイトから文章を数文を盗用し、つなぎ合わせた文章でも正しくコピペを検出できるようになります。

f:id:copydetect:20160423234342p:plain

最近では、他の著作物を丸々盗用するのではなく、一部分のみを盗用し、それら文節を繋ぎあわせてあたかもオリジナルのコンテンツの様に掲載するWebサイトもありますこれら部分的な盗用でも正しく検出できるようにしたのが、今回の文章単位比較機能です。

■□

今まではWebページ単位で類似率を確認できましたが、複数のWebサイトから部分盗用した場合、URL単位でのコピペチェック結果の類似率は自ずと低くなります。

f:id:copydetect:20160423233309p:plain

複数のWebサイト(著作物)から盗用していた場合、URL単位で重複率を見るより、文章単位で見る方がより正確にコピーコンテンツの有無を確認できます。

文章単位でのコピーチェック方法

f:id:copydetect:20160423233500p:plain

コピーチェック結果の上部メニューの「文章単位比較」をクリックします。

 

f:id:copydetect:20160423233532p:plain

すると、類似コンテンツを掲載しているサイトURL単位では無く、文節単位でコピー率を確認できます。

このコピペ確認方法であれば、類似コンテンツを掲載しているURLを横断してチェックできる為、複数のWebコンテンツから盗用しているケースでも、漏れ無くコピペを発見できます。

 

f:id:copydetect:20160423233849p:plain

各文節の右には重複(一致)率が0~100%で表示されます。80%以上であればコピペが疑われます。

 

f:id:copydetect:20160423233951p:plain

各文節には[▼]のリンクが表示されており、クリックすると同一文章で類似率が低いコピペチェック結果も確認できます。