読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 

コピーチェックはライターにも依頼して無用な修正依頼を減らす方法

読み物系コンテンツのWebメディアを運営している企業の多くは、外部のライターに記事の企画、執筆を依頼していると思います。

記事数を一定数担保し続ける為には、社内のライターではどうしても限界がありますし、記事の内容がマンネリ化を防ぐためにも様々なライターに執筆を依頼するのが良いでしょう。

しかし、ライターから記事の入稿があった際、コピーチェックしたら文章の一部が他著作物と類似していたケースや、申告なしに他サイトの文章を引用していたというケースを耳にします。

容認が難しい文章のコピーや引用は、ライターに修正を依頼するのですが、修正版の記事にまた別のコピーが見つかり、再度修正を依頼するといった「修正のやり取り」で多くの時間がかかるとご相談いただくケースが増えています。

f:id:copydetect:20151006202257p:plain

社内の編集部は、よりコンテンツや特集の企画に時間を割くべきですが、実際は入稿された記事のコピーチェックや校正、校閲に多くの時間を要してしまい、読者に合わせたキャンペーン等、新たな施策がなかなか出来ないという問題もある様です。

コピーチェックをライターにも依頼し、自身で確認をしてもらう

入稿記事の校正・校閲にかかる時間を少しでも削減するには、出来る限り修正数を減らう事が重要です。

記事の内容や表現などは、記事案やルールブックの充実化などで避ける事ができます。また、記事毎の執筆依頼書にはライターが内容を正確にイメージできる様、出来る限りアウトラインを詳細に記載します。

又、必要となる参考情報(WebサイトのURLや資料データ)なども漏れ無く渡す事が重要でしょう。

又、コピーチェックもライター側で実施してもらうと良いでしょう。

ライターには盗用や引用のガイドだけでは無く、編集者がコピーの有無を判断する上で利用するコピーチェックツールや、類似%の基準値などを予めライターに共有します。

ライターは、入稿する前に執筆した記事を所定のルールにそってコピーチェックツールにかけ、基準を満たしているか否かを確認の上、入稿します。

これにより、入稿後の記事差し戻し数を削減できるでしょう。

f:id:copydetect:20151006203219p:plain

CopyDetectは、1日5回まで無料でコピーチェック頂けます。外部ライターのコピーチェックツールとしてもお伝い頂けます。

外部ライターに依頼する際は、ガイドブックの作りこみが重要

記事の執筆を外部に委託する際、どの様な記事を執筆して欲しいのか、その要件やイメージを出来る限り明確にして依頼する必要があります。

発注側の依頼内容の良し悪しで、ライターが執筆する記事の質や内容に大きな差が出てくる為です。

基本的な語尾や調の指定から記事の内容をまとめた記事案、そして引用の可否などを定めた執筆時に於けるルールなどを明確にしてライターに依頼しましょう。