読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 

コピーチェック投稿APIを公開しました

2015.11.23:APIの新Verを公開しました。下記を御覧ください。

文章の盗用・コピーチェックツール「CopyDetect」をご利用頂き、ありがとうございます。

御要望頂いておりましたAPIの内、文章投稿用のAPI(β版)を本日公開しました。当APIを通してコピーチェックしたい文章を自社サービスから直接投稿(POST)頂けます。

尚、コピーチェック結果は引き続きcopydetect.netのGUI画面にて確認いただく必要があります。

f:id:copydetect:20150915141027p:plain

APIを通して、コピーチェックの依頼(投稿)を出す事ができます。POSTメソッドで投稿し受付が完了すると、resultkeyが返信されます。

このresultkeyはコピーチェック結果を閲覧する際に必要なキーとなります。

f:id:copydetect:20150915141229p:plain

チェック結果を閲覧する際は、/copycheckresult/$resultkey$にアクセスをします。概ね3000文字であれば1分以内でコピーチェックが完了します。

利用シーン

Wordpressでコンテンツメディアを運営している場合、寄稿者がWordpressから文章を投稿した際、APIを通して同じ文字コンテンツをCopyDetectにも投稿します。

取得したresultkeyをWordpressのカスタムフィールドに格納し、管理者にcopydetectへのリンクを表示し、記事公開前にコピーチェック画面を確認する、といった利用が出来ます。

f:id:copydetect:20150915143712p:plain

他には、メールフォームなどに組み合わせ、ライターがフォームを通して記事を入稿した際、同時にCopyDetectにも文章を投稿します。入稿した記事と共にresultkeyを管理者にメールで送信し、メールを受け取った管理者は直ぐ様コピーチェック結果画面を確認できると言った利用もできます。

API利用方法

現在、法人企業様のみAPIを公開しております。

お問い合わせフォームからCopyDetectAPIをご希望の旨をお伝えください。

担当者から連絡後、3営業日以内にAPIキーを発行致します。

実装方法

POSTメソッドのみとなります。

実装例(PHP):

$api_url = 'https://copydetect.net/api/v1/post';
$params = array(
    'text' => 'コピーチェックしたい文章'
);
 
$ch = curl_init($api_url);
curl_setopt($ch,CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false);
curl_setopt_array($ch, array(
    CURLOPT_POST           => true,
    CURLOPT_RETURNTRANSFER => true,
    CURLOPT_USERAGENT      => "APIキー",
    CURLOPT_POSTFIELDS     => http_build_query($params),
));
 
$result_json = curl_exec($ch);
curl_close($ch);

利用制限

24時間内に200回投稿の範囲でご利用頂けます。

お問い合わせ

技術的なお問い合わせ:お問い合わせフォーム