読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 

コンテンツマーケティングの効果測定ツール

今回はコンテンツマーケティングに於ける効果計測する為のツールを紹介します。

※コンテンツマーケティングのKPI設計に関しては、下記記事に記載しております。
ちゃんと押さえてる!?実施だけに終わらないコンテンツマーケティングの効果測定指標

positionly

f:id:copydetect:20151020193911p:plain

リンク:Inbound Marketing Software - Positionly

検索エンジン上の順位を毎日計測するツールです。

デスクトップ型の順位計測ツールとは異なり、Positionlyはクラウドサービスなので、実行の為にわざわざPCを起動させる手間も入りません。

英語圏のツールですが、日本語も問題なく利用できます。

他のサービスよりも価格が安く、年契約ですと100キーワードの測定で、15米ドル(1600円/月)で利用できます。

▼金額表 Plans and Pricing - Positionly

f:id:copydetect:20151020194157p:plain

キーワードのランキング計測のみならず、SEOの効果測定に必要な機能は一通り備えています。

▼Positionlyの機能

  • 被リンクモニタリング
  • 競合サイトの順位監視、比較
  • SEO施策のTodoリスト
  • 過去実施した施策の管理、記録残し
  • SEOページ分析機能

コンテンツエビス

f:id:copydetect:20151020194638p:plain

リンク:コンテンツエビス | アドエビス[AD EBiS]

広告効果測定ツールアドエビスのオプション機能であるコンテンツエビスは、記事(Webページ)のパフォーマンスを、URL単位で監視、分析できるツールです。

GoogleAnalyticsでも、ページ単位のアクセス数は閲覧できますが、アドエビスの特徴でもあるアトリビューション効果計測もでき、コンテンツマーケティングが間接的にどう効果を生み出しているか記事単位で分析できます。

又、記事をアクセス数やコンバージョンのみならず、下記指標でも分析でき、より正しくコンテンツマーケティングを評価出来るようになります。

▼コンテンツエビスの評価指標

  • 記事が獲得したトラフィック数
  • 記事の読了完了数
  • 記事の共感
  • ソーシャルメディア上などでの拡散数
  • コンバージョンなどの成果数

Ginzametrics

f:id:copydetect:20151021074633p:plain

リンク:コンテンツマーケティング&SEO管理プラットフォーム | GinzaMetrics

Ginzametricsは、もともと検索順位の計測ツールでしたが、最近ではページ単位のアクセス数やソーシャルシグナル数の計測などページ(コンテンツ)のパフォーマンス計測も出来る様になりました。

エンタープライズ向けのツールの為、サービスとしての安定性が高く、計測するキーワード数やページ数が他ツールより多いのが特徴です。

GoogleAnalyticsと連動できる為、SEOの順位計測とアクセス解析、ソーシャル反響解析が全て一つのサービスで出来るのもGinzametricsの良い所でしょう。

Topsy

f:id:copydetect:20151020201216p:plainリンク:Twitter Search, Monitoring, & Analytics | Topsy.com

Topsyとは、Twitterの検索エンジンであり、キーワードやURLベースでTwitter内を分析できます。

Twitter内の検索窓では全てのツイートは表示されませんが、TopsyはFirehoseの提供を受けており(現在はTwitter社の傘下)、多くのツイートを対象に検索する事ができます。

実際に公開したコンテンツが、ソーシャル(Twitter)上でどのように評価されているか確認する為に利用するツールです。

すでに日本国内の大手Webサイトにも採用されており、実績共に信頼できるサービスだと思います。

Kissmetrics

f:id:copydetect:20151020195505p:plain

 リンク:Customer Intelligence & Web Analytics | Kissmetrics

Kissmetricsとは、ユーザー単位でアクセス回遊を分析できる効果測定ツールです。GoogleAnalyticsなどのアクセス解析は、トラフィックは解析できますが、誰がどのページを閲覧し、コンバージョンに至ったか等のユーザー単位(ブラウザ単位)では分析出来ます。

Kissmetricsは、マーケティングオートメーションの様に、アクセスしたユーザーに個別のCookieを振り当て、ブラウザ単位で追跡し、その回遊やコンバージョンまでの導線を解析します。

単価が高い商材やB2B商材など、顧客の選考期間が長い場合などは、顧客単位で分析し、コンテンツ単位の改善点や効果計測すると良いでしょう。

heapanalytics

f:id:copydetect:20151020200600p:plain

リンク:Heap | Mobile and Web Analytics

ヒープアナリティクスとは、ユーザーのアクション(行動)を解析するツールです。

どのユーザーが、どのボタンや要素(HTMLやCSS要素で定義された箇所)をクリックしたかを解析できます。

コンテンツを読んだユーザーが、他記事のレコメンドリンクをクリックする割合や、他アクションの行動を分析し、モチベーションが高いユーザーが起こすサイト内のアクションをしやすくする為の改善箇所の分析ができます。

f:id:copydetect:20151020201014p:plain

月間5000セッションであれば、無料で利用できます。先ずはコンバージョン箇所のみに設置し、その使用感を見るのも良いでしょう。

参考:Pricing - Heap | Mobile and Web Analytics